無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月15日 (水)

8・12ソウル自主統一大会訪問報告

811日から13日にかけてソウルを訪問しました。毎年参加している815自主統一大会が、今年は土日を挟んで11日に前夜祭、12日に本大会となったためです。今年は東京・大阪・福岡から13名の訪問団となりました。今回参加した韓国の各取り組みでは、日韓軍事協定反対が前面に押し出され、これに対する韓国民衆の強い警戒感が見て取れました。

戦争と女性の人権博物館を訪問

11日午後にそれぞれソウルに着いて合流した私たちは、まず戦争と女性の人権博物館を訪れました。参観後、館長のユン・ミヒャンさんや、お連れ合いでかつて軍事政権から弾圧を受け日本でも救援運動に取り組んだ元良心囚のキム・サンソクさんとも再会しました。

8・15自主統一大会前夜祭

夜は、韓国国会のあるヨイドの漢江河川敷で2012811 かれた815自主統一前夜祭に参加しました。舞台は星条旗を踏み潰して進む615南北共同宣言の統一列車がバックに描かれ、労働者・農民・女性・青年・市民団体、各地域団体がそれぞれの課題をアピールしつつ、歌や踊りやさまざまなパフォーマンスを繰り広げました。遠く済州島から海軍基地建設に反対している人びとも参加し、アピールとパフォーマンスを繰り広げました。民主労総の青年統一先鋒隊を先頭とした3千人余りの参加者は、舞台のパフォーマンスと一体になり、夜遅くまで盛り上がっていました。

【各写真をクリックすると大きくなります】

99464_29058_2739_3

20128112

韓日軍事協定反対集会とデモにも参加

12日、午前10時からかつて日本の植民地時代に数多くの独立運動家が投獄され、拷問・処刑が行われた西大門刑務所前で韓日軍事協定反対の集会が1千人余りを結集して行われ、自主統一大会の会場となっているソウル市庁舎前までデモ行進しました。私たちも、「815日韓社会団体交流訪問団」の横断幕を持ってデモに参加しました。

201281211

光復67周年・韓日軍事協定阻止・南北共同宣言履行 平和統一汎国民大会

続いて、ソウル市庁舎前で「光復67周年・韓日軍事201281210_2 協定阻止・南北共同宣言履行 平和統一汎国民大会」が3千人余りの人々の参加で開かれました。大会では、キム・サングン615南北共同宣言実践南側委員会常任代表、民主統合党を代表してイ・ソクヒョン議員、統合進歩党のカン・ギガプ代表、さらにイ・ガンシル韓国進歩連帯常任代表が発言。それぞれ日韓軍事協定の推進について「骨の髄まで親米親日、李明博のような人々がまだ政権を取って勢力を伸ばしているため」「政権が再びセヌリ党になれば、これが現実になることは火を見るより明らかだ」として、「分裂を克服して自主的平和的統一的な政権への交代を実現していこう」と呼びかけました。また日本からの参加者として13人の訪問団全員が登壇し、渡辺健樹・日韓ネット共同代表が連帯挨拶を行いました。

20128122


韓国民衆歌謡グループ・ウリナラの歌をはさみ、さらに、
615南北共同宣言実践南・北・海外委員会の共同アピールがジョン・ヒョンベク参与連帯共同代表とジョン・インソン円仏教朝鮮民族な生活運動本部本部長によって読み上げられ全体で確認されました。大会は最後に、キム・ヨンフン民主労総委員長やオ・ジョンヨル韓国進歩連帯常任顧問らにより「日韓軍事協定」「524措置」と書かれた氷柱を打ち砕くパフォーマンスが行われ、新たな決意を確認しあっていました。

2012年8月14日 (火)

9・15ピョンヤン宣言10周年集会のご案内

今年の917日で、日朝首脳が国交正常化の実現を確認した日朝ピョンヤン
宣言からまる10年を迎えます。しかし、10年の歳月が経過したにもかかわらず、
日朝間には対話もなく、逆に野田政権のもとで日韓軍事協定締結や米韓合同
軍事演習への自衛隊の本格的参加など、かつて自民党政権ですらできなかった
事態がなし崩し的に進行しています。朝鮮高校への「高校無償化」除外の差別
政策も継続したままです。先日、朝鮮側の提案による日本人の遺骨収集問題を

めぐり日朝赤十字会談が行われ、日朝政府間の予備会談の開催も決まりました

が、私たちはこれを注視しています。

日韓軍事協定を進めようとした李明博政権への韓国国内世論の厳しい批判を
前に、815を控えた李明博大統領の独島(竹島)訪問のパフォーマンスで、日韓
関係もしばらくは「停滞」するでしょうが、米軍再編下の日米韓軍事同盟強化の
方向は、これを重視する政権が続く限り流れは変わらないでしょう。

こうした状況を踏まえ、下記の集会を予定しています。
多くの心ある皆さまの参加・賛同をお願いします。

*******************************************************


  日朝ピョンヤン宣言10周年                 
  軍事大国化やめろ!日朝対話と過去の清算を 9・15集会

*******************************************************

【講演】  米軍再編と強まる日米韓軍事同盟・軍事大国化路線
                半田 滋さん(東京新聞編集委員) 

      軍事協定より過去の清算を、日朝の対話を
                西野 瑠美子さん(VAWW RAC共同代表)

【映像】2012 815ソウル自主統一大会-韓国民衆の統一への闘い

歌 ノレの会  その他 報告・アピール

  ■
日時 9月15日(土)午後6時半開会(6時開場)
 場所 文京区民センター(地下鉄「春日」or「後楽園」下車すぐ) 資料代800

      http://www.cadu-jp.org/notice/bunkyo_city-hall.htm

--------------------------------------------------------------

【呼びかけ】

この間、野田政権は消費税大増税・原発再稼動・オスプレイの配備強行などを
推し進め、その本質をあらわにしています。これに対して、反原発17万人集会や
官邸前の再稼動反対行動など反原発のうねり、オスプレイの配備に反対する沖
縄・岩国をはじめとする闘いのうねりが野田政権を追い詰めつつあります。

  ■
野田政権・保守大連立下で進行する軍事大国化路線

他方で、これらの動きと共になし崩し的な軍事大国化路線が顕著になっている事
についても警鐘を鳴らしていくことが必要です。この間、集団的自衛権行使容認
の動き(首相直属機関の国家戦略会議フロンティア部会)、武器輸出三原則緩
和、原子力基本法改正で「わが国の安全保障に資する」を追明記、「独立行政
法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)法」改正で「平和目的に限る」規定を削除、
憲法調査会をめぐる改憲動向の強まりなどが進行しています。

  ■
日韓軍事協定・日米韓軍事同盟反対-今こそ対話で平和築こう

そして、日本と朝鮮半島の間では、ピョンヤン宣言から10年もの歳月が経過したに
もかかわらず日朝間の対話もなく、逆に日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)
や自衛隊・韓国軍間の物品や役務の相互提供協定(ACSA)締結の動き、済州
島沖での米韓合同軍事演習への自衛隊の本格的参加など、日米韓軍事同盟
強化の動きが加速しています。

 これらは尖閣諸島問題を突出させた対中国や、そして北朝鮮バッシングなどの排
外主義・ナショナリズムの扇動とセットで進められています。あらためて私たちは、軍事
大国化路線をやめろ!軍事協定より過去の清算を、対話で平和の実現を-という
声をあげていく必要があると思います。915ピョンヤン宣言10周年集会へ参加を!


--------------------------------------------------------------------

賛同募集中!賛同費 個人千円 団体3千円 郵便振替00110-8-140618
    
口座名  [日韓民衆連帯全国ネットワーク] *915集会賛同と明記して下さい
--------------------------------------------------------------------


【呼びかけ】 2012 915ピョンヤン宣言10周年集会実行委員会              

連絡先  日韓民衆連帯全国ネットワーク(03-5684-0194)    
          
反安保実行委員会(03-3254-5460
      「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター(VAWW RAC

                                                         (03-3818-5903 
   許すな!憲法改悪・市民連絡会(03-3221-4668)   
          
在日韓国民主統一連合(03-3862-6881)   *順不同
               
(郵便送付先 東京都文京区小石川1-1-10-105 日韓ネット気付)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »