無料ブログはココログ

« 韓国大統領選の結果分析 | トップページ | 【3・1集会講演要旨 チェ・ウナ韓国進歩連帯自主統一委員長】 »

2013年2月11日 (月)

3・1独立運動94周年集会のご案内

********************************************************
   
3・1朝鮮独立運動94周年         
   
安倍・朴政権の登場と私たち 3・2日韓民衆連帯集会
********************************************************

講演① 安倍・右翼改憲政権と私たちの課題
       浅井 基文さん(前広島平和研究所所長)

講演② 朴槿恵(パク・クネ)保守新政権登場と韓国民衆の闘い
      韓 忠穆さん(ハン・チュンモク=韓国進歩連帯共同代表) 
               [
韓国進歩連帯とは]韓国の労働者・農民・女性・青年学生
               宗教者などの社会団体・市民団体の連合体

【アピール】沖縄・憲法・戦後補償・高校「無償化」差別との闘いなどから
♪歌   ノレの会

-----------------------------------------------------------------------

 ●日時 3月2日(土)午後6時30分開会(6時開場) 資料代 1000
●場所 文京区民センター3(地下鉄「春日」or「後楽園」下車すぐ)
-----------------------------------------------------------------------
【主催 2013 3・1集会実行委員会】     
 連絡先 日韓民衆連帯全国ネットワーク(03-5684-0194
 
    反安保実行委員会(03-3254-5460
    「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)
                                     
03-3818-5903
   許すな!憲法改悪・市民連絡会(03-3221-4668)   
         
在日韓国民主統一連合(03-3862-6881)     順不同
      
(郵便送付先 東京都文京区小石川1-1-10-105 日韓ネット気付)

 

【呼びかけ】

昨年末の総選挙で安倍自民党が単独過半数を占め、日本維新の会も野党第二党となるなど国会で改憲勢力が勢力を伸ばしました。すでに日米防衛協力指針(ガイドライン)や防衛計画大綱の見直し、自衛隊海外派兵を常態化するための恒久法の検討を開始しています。過去のアジアに対する加害の歴史を正当化し、戦争のできる国家作りに突き進むこれらの動きに反対する闘いは、今や待ったなしの状況となっています。

他方、お隣の韓国大統領選挙では与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補が当選しました。朴・次期大統領は、南北関係では李明博政権より対話姿勢を強調してきましたが、南北間の和解と平和統一の原則を確認した6・15南北共同宣言(2000年)、緊張の海・黄海(西海)を平和地帯化し南北共同漁労区域設定などで合意した10・4南北首脳宣言(2007年)の履行については「憲法精神に合致しない」などと述べ(TV討論会)、きわめて曖昧な態度に終始しています。

安倍政権も、「戦略的利益を共有する」という名の下に政府特使の派遣など日韓の新政権同士の対話と関係修復を先行させようと動いています。そのため、選挙中に公言していた「竹島の日」政府式典の開催や河野官房長官談話見直しなど、日韓間の鋭いトゲとなっている問題には敢えて踏み込まず、一旦先送りの構えをとりつつあります。

自らの軍事費大幅削減の中で、「東アジア重視」を打ち出し、東アジアにおける米軍の居座りと「同盟国」の分担増を掲げる第二期オバマ政権の意を受け、安倍・朴の日韓保守新政権の下で米日韓軍事同盟の流れは強まるでしょう。野田-李明博政権時代の昨春、日韓両政府は軍事情報包括保護協定(GSOMIA)、自衛隊・韓国軍間の物品役務相互提供協定(ACSA)締結の寸前まで行き、韓国民衆の強い反対で先送りされましたが、この動きが再び息を吹き返す可能性が高いと思われます。米政府は沖縄へのオスプレイ配備強行に続き、2017年までに最新鋭ステルス戦闘機F35を岩国基地に配備することや、韓国政府への最新鋭無人偵察機グローバルホーク売却を決め、日韓を米軍事態勢に一層深く組み込もうとしています。

休戦協定から60年、今こそ米朝対話と平和協定締結実現の国際世論高めよう!

とりわけ今年の7月には朝鮮戦争の休戦協定からまる60年を迎えます。今、昨年末の朝鮮の人工衛星打上げに対して国連安保理は制裁決議を採択し、朝鮮側は核実験の構えをとり再び緊張が高まっています。これらは、朝鮮半島が60年もの間「撃ち方止め」に過ぎない休戦状態=準戦時状態のまま放置されていることに起因しています。何よりも今、朝鮮半島の平和の大前提として米朝が対話をおこない、休戦状態から平和協定締結実現に向けて国際世論を高めていくことが必要です。

こうした状況を前に、日韓の民衆が連帯を強め、歴史を直視し、平和のための取り組みを一層強めていくことが求められています。その一環である3・1独立運動94周年3・2日韓民衆連帯集会へ、ぜひ多くの心ある皆様の参加・賛同を呼びかけます!

●実行委参加・賛同費 個人1000円/団体3000円

●郵便振替 00110-8-140618 [日韓民衆連帯全国ネットワーク]  

   *「31集会賛同」と明記してください

 

 

« 韓国大統領選の結果分析 | トップページ | 【3・1集会講演要旨 チェ・ウナ韓国進歩連帯自主統一委員長】 »

3・1独立運動記念集会報告」カテゴリの記事

集会・イベント案内」カテゴリの記事