無料ブログはココログ

« 10・9防衛省に抗議行動(東京)-沖縄県庁包囲行動に連帯 | トップページ | 韓国「ウリハッキョと子どもたちを守る市民の会」が訪日活動 »

2014年10月10日 (金)

●戦後70年・東アジア市民連帯への参加・賛同の呼びかけ

来年・2015年は日本の敗戦から70年を迎えます。この節目の年に安倍政権は
村山談話に代わる「安倍談話」などを出してくる可能性が高いと思われます。

こうした動きに対するカウンターとして国際的な「市民宣言」を出していく
ことなどを目指し「戦後70年・東アジア市民連帯(略称)」が発足しました。

ぜひ多くの皆様の参加・賛同をお願いします。

●以下、呼びかけ文と下に参加・賛同申し込みの案内があります。


   **********************************************************
 
    「戦後70年-新しい東アジアへの一歩へ!市民連帯」
       (略称・東アジア市民連帯) 参加・賛同のお願い
   **********************************************************
 来る2015年8月15日は、日本の敗戦を以てアジア太平洋戦争が終結して70年の節目
にあたります。朝鮮半島およびアジア諸国においては、日本の植民地支配や侵略戦争
からの解放70年、加えて日韓条約から50年、村山談話発表から20年にあたります。

 70年前のこの日、日本の侵略戦争と植民地支配からアジア諸国が開放されました。
そして、日本の市民社会が戦争遂行の労苦と抑圧的政治から解放された日でもありま
した。敗戦国日本は、平和と民主主義の日本国憲法をもって、新たなスタートを切り
ました。しかし、戦後70年を迎えようとする現在、果たして私たちは日本国憲法の理
念を実現し得たのでしょうか。そして、アジア諸国との友好と信頼の関係を築き得た
のでしょうか。

 日本の戦後は、侵略戦争と植民地支配、その遂行を目的とした市民社会への弾圧な
ど、戦前の権力による犯罪の数々に対する追求をおざなりにして、戦勝国である米国
の庇護の下、経済成長を遂げてきました。戦前と戦後のつながりの中で、自らの総括
をあやふやにした日本社会は、欧米諸国への憧憬とアジア蔑視の思考を残存させてき
ました。そのことは、戦後補償をおざなりにし、いま、まさに東アジア諸国との関係
の悪化を招いています。

 安倍政権は、その成立以来一貫して日本の戦争責任を否定し、中国や韓国の市民に
敵対する政策を採り続けてきました。また、靖国神社の参拝を強行し、「領土問題」
をもって中国や韓国、そして朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)の脅威をあおり、これ
まで積み上げてきた政府による侵略と植民地支配への反省を否定し、防衛・安保、教
育などの施策を通じて国家主義的方向性を強めています。自らの主張に強硬に拘泥す
る外交姿勢は、多くの国々の反発を招き、海外メディアは「歴史修正主義者
(Revisionist)」と評価しています。

 7月7日の盧溝橋事件77周年式典に際し、中国の習近平国家主席は「いまも少数の者
が歴史の事実と戦争で犠牲になった命に目を向けず、時代に逆行している」「侵略を
美化する者は決して許さない」などと発言しています。7月1日に「集団的自衛権」行
使容認の閣議を行ない、中国や朝鮮を敵国として米国とともに戦争も辞さないとする
安倍首相の政治姿勢に対する、きわめてきびしい批判の言葉です。今、アジアの平和
と繁栄のために必要なのは、日本が自らの歴史にしっかりと向き合うことではないで
しょうか。

 日本社会は、国家主義の策動を許すことなく、アジアの平和と繁栄のために諸国間
の新しい関係構築に努めなくてはなりません。そのためには、アジア諸国の市民との
対話と連帯の更なるとりくみが重要です。

  1.戦時の加害責任に対しての日本政府の真摯な謝罪と戦後補償問題の抜本的解決
  2.新しい民間レベルでの相互理解と歴史認識の共有化
  3.米国主導の安全保障からの脱却とアジア世界における共通の安全保障の確立
  4.日朝平壌宣言に基づき、日朝国交正常化への努力
  5.南北共同宣言に基づく朝鮮半島の自主的平和統一の促進

 私たちは、このような認識を基本として、戦後70年にあたって日本の平和・人権団
体の結集を図り、アジア諸国の運動団体との連帯の下に、新しい東アジアへの一歩と
なる議論を展開していきたいと考え、「戦後70年-新しい東アジアへの一歩へ!市民
連帯」を立ち上げます。2015年8月15日に向けて、日本政府の明確な謝罪と補償の言葉
を引き出すこと、そして、アジア諸国への平和連帯のメッセージを発信すること、そ
のことを基本にしてアジアに市民連帯の輪をつくり出すことをめざして、広く平和と
人権確立を求めて行動する皆さんへ、参加を呼びかけます。

皆さまの参加・賛同をぜひお願いします。

【呼びかけ団体】
平和フォーラム 、ピースボート、日韓つながり直しキャンペーン、日韓民衆連帯全国
ネットワーク、「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会、村山首相談話を
継承し発展させる会、東京朝鮮人強制連行真相調査団、6・15共同宣言実践日本地域委
員会、朝鮮学園を支援する全国ネットワーク、朝鮮の自主的平和統一を支持する日本委
員会、日本朝鮮学術教育交流協会、「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセン
ター(VAWW RAC)

【賛同団体】
女たちの戦争と平和資料館(WAM)、在日韓国民主統一連合

(順不同、2014年9月27日現在)

参加・賛同申し込みは下記にご記入の上、park@gensuikin.orgへご返信ください。
-------------------------------------------------------------------
■東アジア市民連帯に参加・賛同します
  団体名(個人名)
  住所
  電話
  E-mail
  個人の場合は肩書き
  氏名公表 可・不可

« 10・9防衛省に抗議行動(東京)-沖縄県庁包囲行動に連帯 | トップページ | 韓国「ウリハッキョと子どもたちを守る市民の会」が訪日活動 »

集会・イベント案内」カテゴリの記事