無料ブログはココログ

« ●日米韓軍事情報共有の了解覚書に反対しよう | トップページ | ●辺野古への浮桟橋設置強行に防衛省へ抗議申し入れ »

2014年12月30日 (火)

●日米韓軍事情報了解覚書締結に抗議する!

防衛省は12月29日日米韓三カ国による軍事情報共有の覚書に署名したと発表しました。

日米韓国防部間の北朝鮮核およびミサイルの脅威に関する3者情報共有覚書で、日韓軍
事情報包括保護協定(GSOMIA)締結が主として韓国国内世論の強い反発で締結できないことから、米国が間に入り批准を要しない覚書に姑息にも切り替えたものです。

これにより日米韓軍事同盟体制の強化が一段と強化されることになり、日米ガイドライ
ン再改定、集団的自衛権行使容認を受けた戦争法制にも影響を与えることは必至です。

しかも、ハンギョレ新聞の報道によりますと「『韓米日国防部間の北朝鮮核およびミサイ
ルの脅威に関する3者情報共有約定』が29日発効したと国防部が明らかにした。しかし、約定署名は国防部の当初の説明と異なり国会報告前の26日にすべて終えていたことが明らかになり「嘘の説明」「密室処理」が問題にされている-という代物です。

ハンギョレ新聞日本語版
  http://japan.hani.co.kr/arti/politics/19196.html

私たちはこの了解覚書に強く抗議し、その撤回と、何よりも61年にもわたり朝鮮半島が
停戦=準戦時状態のまま放置され続けていることの異常さを直視し、停戦協定から恒久
的平和協定への転換を図ること、日本政府はそのために寄与すべきことを強く要求する
ものです。

日米韓軍事同盟強化反対!軍事同盟より戦後補償を、日朝国交正常化を!

« ●日米韓軍事情報共有の了解覚書に反対しよう | トップページ | ●辺野古への浮桟橋設置強行に防衛省へ抗議申し入れ »

沖縄・韓国の米軍基地問題」カテゴリの記事