無料ブログはココログ

« 5・3憲法集会に集まろう! | トップページ | 5・24止めよう!辺野古新基地建設 国会包囲行動へ »

2015年5月 3日 (日)

●5・3憲法集会に3万人超が結集!

憲法記念日の53日、「平和といのちと人権を!53憲法集会 ~戦争・原発・貧困・差別を許さない~」が横浜みなとみらい・臨港パークで開催され、3万人を超える人々が結集して安倍政権による暴走と憲法改悪にNO!を突き付けた。

P1000484_640x480

集会は初めにプレコンサートから始まった。ハルノトモの和太鼓、岡大介さんのカンカラ三線、そして故・坂本九さんの愛娘・大島花子さんの「イマジン」「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」などの歌唱が披露された。

 

メインステージは、集会呼びかけ人で俳優の木内みどりさんの司会で始まり、集会呼びかけ人が次々に登壇。「『貧困ビジネスの究極としての戦争』が現実化しつつある」ことに警鐘を鳴らした作家の雨宮処凛さんをトップバッターに、ノーベル賞作家の大江健三郎さん、作家の澤地久枝さん、憲法学者の樋口陽一さん、精神科医の香山リカさん、作家の落合恵子さんらが安倍政権による集団的自衛権行使容認の閣議決定と戦争法制、日米ガイドライン改定、辺野古基地建設強行、原発再稼働、そして憲法改悪の動きをそれぞれの切り口から厳しく批判した。

P1000489_640x480_2
P1000491_640x480_2
P1000493_640x480
P1000495_640x480
P1000498_640x480
P1000499_640x480

その中で、大江健三郎さんは「年齢的にこのように多くの人の前で話をするのは最後になるかもしれない」としながら、はじめに先日亡くなった『ブリキの太鼓』の著者で同じくノーベル賞作家のギュンター・グラスさんとの往復書簡を紹介し、「グラスさんは核爆発による人類の滅亡に至る最終戦争が起こる可能性は大きい。それからいかに人類を救うかという問題意識を持ち続けていた」として、自らもその問題意識を共有していることを明らかにした。そして、安倍首相の米国議会での演説について「『積極的平和主義』や『希望の同盟』などの美辞が語られたがまったくのウソに満ちている」「しかし、これに対してはっきり拒否する言葉は日本で効果的に発せられたとは言えない。これをどうするかが問われている」とし、「憲法や国会、日本国内の議論を無視し、集団的自衛権の法制化などを対米公約したことに、日本の多くの人が『承諾』を与えていないことを内外に明らかにしていく必要がある」と提起。最後に、「私たちは、『平和』と『いのちの尊厳』を基本に、日本国憲法を守り、生かします。集団的自衛権の行使に反対し、戦争のためのすべての法制度に反対します。脱原発社会を求めます。平等な社会を希求し、貧困・格差の是正を求めます。人権をまもり、差別を許さず、多文化共生の社会を求めます」という集会の呼びかけ文を自ら朗読し、ともにその実現を目指していこうと呼びかけた。

 

続いて各政党から、民主党・長妻昭代表代行、共産党・志位和夫委員長、社会民主党・吉田忠智党首、生活の党と山本太郎となかまたち・主濱了副代表らが、それぞれの立場から連帯のあいさつを行った。またこの日、山本太郎参議院議員が自らヘリコプターに乗り集会を上空からインターネット中継した。

P1000501_640x480
P1000507_640x480
P1000509_640x480
P1000512_640x480

メインステージの最後に、沖縄から駆けつけた基地・軍隊を許さない行動する女たちの会共同代表の高里鈴代さんが登壇。自らも最前線に立って闘っている辺野古現地の闘いを紹介しながら、「皆さんはぜひ憲法9条をまもってください。そして、憲法9条をまもる具体的な課題として辺野古に基地を作らせないようともに闘っていきましょう」と提起し、5・24辺野古基地建設阻止のための国会包囲行動に大結集するよう呼びかけた。

P1000515_640x480

集会は、さらに各分野の活動家のリレートーク、クロージングコンサートを行った。また集会に先立ち、神奈川公園からメイン会場の臨港パーク近くまでパレードも取り組まれた。

P1000479_640x480

« 5・3憲法集会に集まろう! | トップページ | 5・24止めよう!辺野古新基地建設 国会包囲行動へ »

集会・行動の報告」カテゴリの記事