無料ブログはココログ

« 9・13 ピョンヤン宣言13周年-日朝国交正常化を求める集会のご案内 | トップページ | ●9・13ピョンヤン宣言13周年集会の報告 »

2015年9月12日 (土)

●9・12辺野古新基地建設反対!2万2千人で国会包囲

P1000763_800x600

辺野古への新基地建設に反対する912国会包囲行動が22千人を結集して取り組まれた。この日、政府と沖縄県の集中協議終了を受けて、沖縄防衛局が辺野古埋め立て工事再開を強行し、週明けの914日にも翁長県知事が「埋め立て承認」の取り消しを表明するという緊迫した事態の中での行動となった。

P1000759_800x432

国会周辺には午後1時頃から続々と人がつめかけ午後2時から国会正門前のステージで集会が開始された。沖縄現地から駆けつけた安次富浩さん、沖縄選出衆議院議員の玉城デニーさん、照屋寛徳さん、赤嶺政賢さん、参議院議員の糸数慶子さんらが次々と登壇し、「安倍政権は沖縄の人たちの怒りを無視して基地建設を強行しようとしている。翁長知事の『埋め立て承認』取り消しを支え、徹底して基地建設を阻止していく」ことを表明した。

P1000766_800x600

ヤマト側からはジャーナリストの鎌田慧さんが発言、「沖縄への無知・無関心が沖縄に基地の重圧を押し付けてきた。朝鮮戦争で沖縄から爆撃機が飛び、他方では日本の経済復興が謳歌された。ベトナムへもイラクへも沖縄から米軍が出撃している。沖縄をその最前線に立たせ続けているヤマト側の責任は重い。全国民の課題として取り組んでいかなければならない」と強調した。続いて「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」を構成する<戦争させない1000人委員会><解釈で9条壊すな!実行委員会><憲法共同センター>の代表らが次々と発言、「83012万人の国会包囲などで追い詰められているのは安倍だ。国会デモの包囲の中での強行採決は何とか避けたいなどと泣き言をいっている。辺野古の新基地建設強行も戦争法案も一つの問題だ。これらを阻止し安倍を退陣に追い込むためにさらに徹底的に闘おう」と呼びかけた。集会ではさらに各地域・各課題を担う諸団体からの発言を受け、3時半過ぎ沖縄式に手をつないだ国会包囲のヒューマンチェーンを行い、今後の闘いへの決意を確認し合った。

P1000770_800x633

« 9・13 ピョンヤン宣言13周年-日朝国交正常化を求める集会のご案内 | トップページ | ●9・13ピョンヤン宣言13周年集会の報告 »

集会・行動の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●9・12辺野古新基地建設反対!2万2千人で国会包囲:

« 9・13 ピョンヤン宣言13周年-日朝国交正常化を求める集会のご案内 | トップページ | ●9・13ピョンヤン宣言13周年集会の報告 »