無料ブログはココログ

« 11・29辺野古に基地は造らせない日比谷大集会へ! | トップページ | これからの総がかり行動予定 »

2015年12月 1日 (火)

●11・29辺野古に基地は造らせない日比谷大集会に4千5百人

写真は全てクリックすると拡大します。

P1000821_1024x647
11・29辺野古に基地は造らせない大集会が開かれ、東京・日比谷野外音楽堂には入りきれなかった人々を含め4,500人が結集した。

集会は、オープニングの金城吉春さんの三線演奏で始まり、ピースボート共同代表の野平晋作さんが主催者あいさつを行った。

P1000803_1024x578
P1000804_1024x568_2
続いて沖縄から駆けつけた安次富浩さん(ヘリ基地反対協議会共同代表)、高里鈴代さん(島ぐるみ会議共同代表)、大城紀夫さん(連合沖縄会長、島ぐるみ会議共同代表)がアピール。

安次富さんは、辺野古現地で警視庁機動隊まで投入した警察権力や海上保安庁の暴力に耐え、肋骨骨折などの被害者を出しながらも頑強に抵抗し続けている現状を紹介し、「全国の闘いでアベマリアならぬ安倍サタン政権を追い詰め打倒しよう。戦争法に対する闘いと辺野古に基地を作らせない闘いは一つの闘いだ。これに反原発の闘いを加え、戦争法・辺野古新基地建設・原発に反対する『三本の矢』で安倍政権を倒そう」と訴えた。

P1000806_1024x768
高里さんは、先日行われた沖縄の人々による訪米行動について報告。「米政府は辺野古の問題は日本の内政問題と繰り返しているが、米国は当事者だと訴えてきた」「翁長知事が訪米活動をした時点では、まだ埋め立て承認取り消し表明の前だったが、今度の訪米団は承認取り消しを受けてのものであり、アメリカの議会関係者や各地の人々の間には事態を深刻に受けとめ、確実に辺野古新基地建設の再考を求める声が広がっている」ことを紹介し、闘いをさらに広げていくことを呼びかけた。

P1000808_1024x768
大城さんは、高里さんとともに訪米活動に参加した報告。「米国の訪問先の労組で『アジア太平洋系米国労働組合同盟の役員会で沖縄の辺野古の闘いを支援連帯する決議がなされた』ことが伝えられ、さらにワシントンではアメリカ労働総同盟・産別会議(AFL・CIO)の国際部長とも会い辺野古の闘いへの支援も約束していただいた。先日開かれた連合中央委員会で訪米活動を報告し、辺野古の基地建設に反対する闘いをぜひ連合としても取り組むべきだとと提案した」ことを紹介し、「全国・米国へと広がってきた闘いをさらに拡大し安倍政権と対決していこう」と呼びかけた。

P1000811_1024x768
続いて、学者・文化人からの発言として、食の問題からTPP問題などに取り組んでいる枝元なおみさん、「高校無償化」からの朝鮮学校排除反対など在日の人権問題に取り組んでいる田中宏さん(一橋大学名誉教授)が、それぞれの立場から辺野古基地建設に反対するアピールを行った。

P1000812_1024x768
P1000813_1024x768
集会は最後に各団体からのリレートークに入り、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の構成団体である戦争させない1000人委員会から福山真劫さん、解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会から菱山南帆子さん、戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センターから小田川義和さんが次々とアピール。

P1000815_1024x768
P1000818_1024x569
P1000820_1024x768
さらに、平和フォーラム、安保破棄中央実行委員会、全労協、内山さと子武蔵野市議、全国土砂搬出反対連絡会議、マスコミ文化情報労組連絡会議、シールズ、東京沖縄県人会がアピールを行い、銀座方面へのデモに出発した。

P1000822_1024x687

P1000830_1024x640_3

P1000835_1024x768_3
















« 11・29辺野古に基地は造らせない日比谷大集会へ! | トップページ | これからの総がかり行動予定 »

集会・行動の報告」カテゴリの記事