無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月11日 (月)

3・1独立運動97周年 2・27戦争法の廃止と朝鮮半島の平和を求める日韓連帯集会のご案内

クリックすると拡大します20160301_220160301b_2ビラはこちらから (表)「2016_31.pdf」をダウンロード 呼びかけ文(裏)「2016_31b.pdf」をダウンロード

**************************************************************

          3・1朝鮮独立運動97周年            
  戦争法の廃止と朝鮮半島の平和を求める2・27日韓連帯集会

**************************************************************

 ■講演 2016年・安倍政権の動向-
             戦争法・憲法改悪などの動きとどう闘うか(仮題)

              高田 健さん(許すな!憲法改悪・市民連絡会事務局長)
 
   【プロフィール】 許すな!憲法改悪・市民連絡会のほか九条の会事務局、
    さよなら原発1000万人アクション、WORLD・PEACE・NOW、安倍教育政策NO!
    ネット、「秘密保護法」廃止へ!実行委、解釈で憲法9条壊すな!実行委、
    戦争させない1000人委員会、総がかり行動実行委などの運動に取り組む。
    この間の戦争法反対運動や改憲阻止の先頭に立ってきたことが評価され、
  昨年末、韓国民主化闘争を代表する1人・故李泳禧(リ・ヨンヒ)氏を記念
  し韓国で創設された第3回「李泳禧賞」を受賞。福島県出身、70歳。

 ■韓国ゲストから
  イ・チャンボクさん(6・15南北共同宣言実践南側本部常任代表議長・元国会議員)
  ハン・チュンモクさん(戦争反対平和実現国民行動共同代表)などが来日します!

  両団体は、韓国の広範な社会団体・市民団体、労働組合・農民団体・女性団体・
  青年学生団体・宗教者団体等を網羅し、南北の平和・統一運動、反戦平和運動
  で中心的役割を担っています。

 ■特別報告 沖縄・辺野古新基地建設反対
                  沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
            日本軍「慰安婦」問題の真の解決を
                  中原道子さん(VAWW RAC共同代表)
-------------------------------------------------------------------------
   ●日時 2月27日(土)午後6時30分開会(6時開場) 資料代 1000円
   ●場所 上野区民館 台東区池之端1-1-12(03-5815-8612) *不忍池の向かい
    (JR・地下鉄「上野」徒歩7分、京成「上野」徒歩5分、地下鉄「湯島」徒歩3分)
-------------------------------------------------------------------------
 主催 2016 3・1集会実行委員会
 呼びかけ 日韓民衆連帯全国ネットワーク(070-6997-2546) 
          ピースボート(03-3363-7561)
        「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)
                                 (03-3818-5903)
        反安保実行委員会(03-3254-5460)
              許すな!憲法改悪・市民連絡会(03-3221-4668)
          在日韓国民主統一連合(03-3862-6881)    *順不同
(郵便送付先 東京都台東区上野3-20-8 小島ビルSBC4-15 日韓ネット気付)

 ★集会への賛同をお願いします。賛同費 団体3千円・個人1千円
  郵便振替口座 00110 8 140618 名義 日韓民衆連帯全国ネットワーク
                    *3・1集会賛同と明記して下さい
***************************************************************************
               【呼びかけ】

  今年の3月1日は、日本の植民地支配からの独立を求め朝鮮半島全土で人びとが立ち上
がった3・1独立運動の97周年を迎えます。私たちにとっては、歴史を直視しながら、朝
鮮半島やアジアの人びととの平和な関係をいかに築くのかを問い直す日でもあります。

  ●朝鮮半島を再び戦場にするな!

 しかし昨年、日本の敗戦70年の節目の年に、安倍政権は広範な人々の反対の声を無視
し「戦争法」を強行成立させ、日本を再び戦争のできる国へと大きく変容させました。
中国・朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の「脅威」をことさら煽り立てながら、米軍とと
もに世界の至る所で戦争に参加することが可能となったのです。

 とりわけ朝鮮半島は、停戦状態のまま60年以上も放置され続け、昨年、米韓連合軍は
ピョンヤン制圧を含む新たな対朝鮮先制攻撃戦略「5015作戦計画」を制定して大規模軍
事演習を繰り返しています。これに戦争法成立後の自衛隊が関わってくることは火を見
るより明らかです。

  昨年来の国会論議では、ホルムズ海峡での機雷掃海に自衛隊を派遣するかが問題にな
ってきましたが、朝鮮半島との関係で、自衛隊の幕僚は「朝鮮有事の際の機雷掃海の米
軍要請をこれまで断ってきたが集団的自衛権容認で可能となった」と露骨に述べていま
す。また中谷防衛相の昨年10月の訪韓の際に開かれた日韓防衛相会談では、「朝鮮半島
有事」の際に自衛隊が朝鮮入りするとき韓国政府の同意が必要か否か―といった対北侵
攻を前提としたやり取りすら行われているのです。

  ●米日韓軍事同盟を優先した日韓政府間「慰安婦」合意

 昨年12月28日の日韓外相会談は、日本軍「慰安婦」問題の合意に至りました。安倍首
相が日本軍の関与を認めお詫びの手紙を出す、韓国政府が設立する基金に10億円を拠出する-などとなっていますが被害当事者抜きのあいまいな内容である上、「最終的かつ
不可逆的解決」として韓国側が問題を蒸し返さないことや日本大使館前の「少女像」撤
去を働きかけるなどの前提条件付きで、問題を真摯に解決しようとするものではありま
せん。

 このような合意を急いだ背景には、同盟国・日韓の対立を自国の戦略にとって不利と
してきた米国の圧力が存在しています。合意後、ケリー米国務長官は、すかさず「今回
の合意が米国の最も重要な2つの同盟国同士の和解を促進し、関係改善に資すると確信
している」との歓迎談話を出しています。

 これにより、米国が求め日韓間の対立で先送りされてきた自衛隊と韓国軍の間の「軍
事情報包括保護協定(GSOMIA)」締結など米日韓軍事協力の動きが加速するでしょう。

  ●戦争法廃止!「制裁」ではなく朝鮮半島の平和協定求める国際世論を!

 私たちは、このような米日韓軍事同盟の危険な動きに強く反対します。こうした中、
1月6日、朝鮮政府は自ら「自衛処置」とする水爆実験を実施しました。朝鮮半島の平和
のために今何よりも求められているのは、「制裁」や軍事的圧力ではなく、一刻も早く
「撃ち方やめ」に過ぎない休戦協定状態を平和協定に転換させることです。これこそが
朝鮮半島の核問題解決への近道でもあるのです。

 昨年、日本民衆は国会包囲をはじめとして全国各地で戦争法に反対する大きなうねり
を作り出してきました。このうねりを戦争法廃止・辺野古新基地建設阻止・安倍政権退
陣へさらに大きなうねりにしていく必要があります。そして歴史を直視し朝鮮半島の人
々、中国やアジアの人々との友好・交流の時代を開いていきましょう。

 2016年3・1集会はこうした趣旨で開かれます。多くの皆様の参加・賛同を呼びかけま
す。

2016年1月 9日 (土)

2・21止めよう!辺野古新基地・ 国会大包囲のご案内

クリックすると拡大します221flyera1
221flyerb1_912x1280
【拡散希望】 △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

         止めよう! 辺野古新基地建設    2.21 国会大包囲

           http://humanchain.tobiiro.jp/event.html

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

      とき:2月21日(日)14:00~15:30  場所:国会周辺

      ※シンボルカラーは青 辺野古の海の「青色」で国会まわりを埋め尽くそう ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  止めよう! 辺野古新基地建設

 沖縄と本土の力をひとつにして  政府は、権力を乱用して、沖縄県民の島ぐるみ反対の声を踏みにじり、 辺野古新基地建設へ突き進んでいます。

 翁長沖縄県知事は10月13日に辺野古の埋め立て承認を取り消しました。 しかし、政府は、防衛省が「私人」になりすまして、行政不服審査法( 個人の権利を守る法律)を悪用して、知事の取り消しを執行停止にしま した。法治国家にあるまじき脱法行為です。

 また政府は知事の承認取り消しを無効にして、知事の代わりに政府が 埋め立て承認を行うために、沖縄県を提訴しました。県は答弁書で、国 の訴えは法を乱用してまで沖縄の民意を押さえつけようとする「訴権の 濫用」だと、きびしく批判しています。さらに、本土から警視庁機動隊 100人を派遣して、反対する県民を暴力で弾圧しています。

 沖縄県民はこのような政府の横暴に、自らの尊厳と誇りをかけて、絶 対に屈しない、沖縄の未来は自らが開くと決意して、闘い続けています。  12月14日には、政党、市民団体、労組、平和団体、企業などが結集し て、「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」を結成し、さらなる 闘いの強化に向けて立ち上がりました。

 翁長知事は裁判で、「日本には本当に地方自治や民主主義が存在する のでしょうか。国民のみなさますべてに問いかけたいと思います」と訴 えました。沖縄からまさに日本の民主主義が問われています。

 今こそ、本土で、沖縄県民の不屈の闘いに呼応した大同団結した大き な運動が求められています。

 2015年に辺野古新基地建設に反対する国会包囲を3度行った「『止め よう!辺野古埋立て』国会包囲実行委員会」と安保法制反対運動を闘っ てきた「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」が、初 めて共催で国会包囲を呼びかけます。

 首都圏の方は国会で、ぞして全国各地で、辺野古新基地建設反対の声 をあげましょう。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

主催:「止めよう! 辺野古埋立て」国会包囲実行委員会           

             http://humanchain.tobiiro.jp/     

     連絡先     沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック TEL:090-3910-4140

                 沖縄意見広告運動         TEL:03-6382-6537

                 ピースボート           TEL:03-3363-7561    

    戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

              http://sogakari.com/     

          連絡先   1000人委員会 03‐3526-2920

                     9条壊すな!実行委員会 03―3221-4668  

                    憲法共同センター 03―5842-5611 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「止めよう! 辺野古埋立て」国会包囲実行委員会 賛同(個人・団体)

I女性会議/青木初子(部落解放同盟品川支部、名護市出身)/アジア共 同行動/ATTACJapan(首都圏)/厚木基地を考える会/安倍政権にNO! 東京・ 地域ネットワーク/雨宮処凛(作家・活動家)/アンポをつぶせ! ちょうち んデモの会/上原公子(元国立市長)/うちなんちゅの怒りとともに! 三多 摩市民の会/ FoE Japan/大武昭雄(「知ろうよ! 学ぼうよ! "沖縄"を」実 行委員会)/沖縄意見広告運動 /沖縄の自立解放闘争に連帯し反安保を闘 う連続講座/沖縄の闘いと連帯する東京東部集会実行委員会/沖縄のたたか いと連帯する東京南部の会/沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック/沖縄文化 講座/沖縄のための日米市民ネットワーク(JUCON)/オスプレイの沖縄配備 に反対する首都圏ネットワーク/解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会/〈 語やびら沖縄〉もあい練馬/川平朝清(東京沖縄県人会名誉会長)/鎌田慧 (ルポライター)/基地のない平和な沖縄をめざす会/協同センター・労 働情報/金城驍(東京沖縄県人会副会長)/金城吉春(中野・あしびな~) /原子力空母の母港化に反対し基地のない神奈川をめざす県央共闘会議/憲 法九条やまとの会/憲法を生かす会/国際環境NGOグリーンピース・ジャパン /相模補給廠監視団/ SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)/島 袋徹(東京沖縄県人会事務局長)/島袋善弘(山梨県立大学名誉教授)/市 民ネットワーク千葉県/ジュゴン保護キャンペーンセンター/新宿駅西口ス タンディング有志/STOP!辺野古埋め立てキャンペーン/すべての基地にNOを ・ファイト神奈川/戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同セ ンター/「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC) /争反対・平和の白いリボン神奈川/戦争をさせない1000人委員会/全国労働 組合連絡協議会/高橋哲哉(哲学者)/竹腰英樹(中野協同プロジェクト事 務局長)/伊達判決を生かす会 /俵義文(「子どもと教科書全国ネット21」 事務局長)/中部地区労働者交流会/美ら海にもやんばるにも基地はいらな い市民の会/東京・生活者ネットワーク/日韓民衆連帯全国ネットワーク/ 日本カトリック正義と平和協議会/日本基督教団神奈川教区基地・自衛隊 問題小委員会/日本山妙法寺/日本バプテスト連盟・憲法改悪を許さない共 同アクション/日本マスコミ文化情報労組会議/日米安保条約終了通告を求 める会/NO! レイプNO! ベース 女たちの会/反安保実行委員会/「バススト ップから基地ストップ」の会/パトリオットミサイルはいらない! 習志野基 地行動実行委員会/非核市民宣言運動ヨコスカ/ピースサイクル首都圏ネッ ト/ピース・ニュース/ピースボート/秘密保護法廃止をめざす藤沢の会/ フォーラム平和・人権・環境/ふぇみん婦人民主クラブ /普天間・辺野古 問題を考える会/平和を実現するキリスト者ネット/平和をつくり出す宗 教者ネット/平和をつくる大和市民の会/米軍基地に反対する実行委員会 /辺野古・高江を守ろうNGOネットワーク/辺野古へカヌーを贈る会/辺野 古への基地建設を許さない実行委員会/辺野古リレー~辺野古のたたかい を全国へ~/本郷文化フォーラム・ワーカーズスクール/前田英一(横須 賀沖縄県人会会長)/前田哲男(軍事ジャーナリスト)/宮森・630を伝え る会 /明大土曜会/許すな!憲法改悪・市民連絡会/ゆんたく高江/ヨコスカ 平和船団/横田・基地被害をなくす会/横田行動・実行委員会/ラムサール・        ネットワーク日本/労働運動活動者評 議会/渡辺美奈(女たちの戦争と 平和資料館 (wam)事務局長)

  ■戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

戦争をさせない1000人委員会/解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会/戦争 する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター/安倍教育政策 NO!ネット/〈安倍政権にNO!〉東京・地域ネットワーク/沖縄・一坪 反戦地主会関東ブロック/改憲問題対策法律家6団体連絡会/原発をなくす 全国連絡会/国連人権勧告の実現を!実行委員会/さようなら原発1000万人 アクション/首都圏反原発連合/戦時性暴力問題連絡協議会/脱原発をめざ す女たちの会/日韓つながり直しキャンペーン2015/日本軍「慰安婦」問題 解決全国行動/反貧困ネットワーク/「秘密保護法」廃止へ!実行委員会/ mネット・民法改正情報ネットワーク/全国労働組合連絡協議会/全国労働 金庫労働組合連合会 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年1月 7日 (木)

●1・6日韓「慰安婦」問題合意反対!官邸前行動の報告

日韓政府間の日本軍「慰安婦」問題合意に反対し、正しい解決を求めて韓国・挺身隊問題対策協議会(挺対協)16緊急世界同時行動を呼びかけ、ソウルの日本大使館前には800人以上が集まり行動が取り組まれたのをはじめ、世界各地でこれに呼応する行動が取り組まれました。

 

東京では、首相官邸前で16日夜、<日本軍「慰安婦」問題についての日韓政府による政治的妥結に反対し、正しい解決を要求する官邸前抗議行動>として取り組まれました。

 

Ca3h0551

この日は霞が関・永田町界隈はいろいろな行動が重なりましたが、日韓両政府による被害者ハルモニたち不在の政治的合意に対して怒りをもって、日本政府=安倍政権に本当に誠意ある謝罪・賠償と再交渉を求め、緊急でしたが韓国・挺対協の「世界同時行動」の呼びかけに応え約60人位が集まり、日本政府に対する怒りの声をあげました。

 

最後には、外務省前で抗議行動をおこなった「韓日『談合』を憂慮する朝鮮女性有志」呼びかけの行動に参加した皆さんも合流し、約100名位になって首相官邸に怒りの声を上げました。

 

【韓国・挺対協の緊急告知】

世界連帯行動に共に連帯することを訴えます。

 

16日は、199218日に初めて行われた水曜デモが満24周年となる水曜日です。挺対協は24周年デモを迎えながらも、20151228日、日韓政府間の拙速的に妥結された日本軍「慰安婦」問題の合意に反対して、日本軍「慰安婦」問題の正しい解決を要求するために、世界同時多発、全国各地域の同時多発水曜デモを推進しようと思います。

 

緊迫した状況で推進されるものであり、困難であるとは思いますが、世界各地におられる方々、全国各地におられる方々、水曜デモに共に連帯して、同時多発集会を一緒に行うことができる方は、ご連絡をお願いいたします。

団体で行うことが難しいならば、1人デモ、大使館前のコンサート、短い展示会、パフォーマンスなど、さまざまな方法でやればよいでしょう。

時間は、現地の事情に合わせて進めてください。

米国、欧州、アジアなど各地で、国内全国各地で緊急共同行動が行われると思います。

(以下略)

 

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »