無料ブログはココログ

« 平和といのちと人権を!5・3憲法集会に集まろう | トップページ | ●オバマも安倍も謝罪せよ! 広島からのアピール »

2016年5月 4日 (水)

●5・3憲法集会に5万人が結集!

P1000907_640x407明日を決めるのは私たち

平和といのちと人権を!

 5月3日、東京・有明防災公園で開かれた5・3憲法集会には、昨年の横浜みなとみらい臨港パークでの集会を大幅に上回る5万人を超える人々が集まり、「憲法を守れ」「戦争法廃止」「安倍政権退陣」を訴えた。集会では、「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」が1200万筆に達していることも報告された。またこの日、全国各地でも同様の集会が開催されている。

 集会では初めに、5・3集会実行委員会を代表して高田健さん(解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会)が挨拶し「昨年来の戦争法に反対する市民の国会行動など全国的なうねりは安倍首相の心胆を寒からしめ、政治を大きく動かし野党共闘も促してきた。安倍首相は参議院選で改憲発議可能な2/3の議席をと言っているが、市民と野党共闘が連携すれば必ずこれを打ち破り勝利できる。そして安倍政権を退陣に追い込んでいこう」と力強く提起した。

P1000898_1280x960_800x600_3

 続いてゲスト挨拶。高校生時代に核兵器廃絶高校生1万人署名に取り組んできた白鳥亜美さん(第17代高校生平和大使)、立憲フォーラムの山口二郎さん(法政大教授)、俳優の故菅原文太さんとパートナーとして活動を共にしてきた菅原文子さん(農業生産法人役員、辺野古基金共同代表)、101歳のジャーナリストむのたけじさん、市民連合の浅倉むつ子さん(早大教授)が次々登壇し思いを語った。

 その中で、車いすで登壇したむのたけじさんは、従軍記者だった自らの体験を織り交ぜ「軍隊と一緒にいれば銃を持たない記者でも敵を殺すか、殺されるかという空気に染まっていく」「戦後、憲法9条があればこそ70年間他国の人も自国の人も一人も戦死させることはなかった。この道は間違っていない。安倍政権が進める戦争のできる国づくりを何としても止めなければならない。今日は若い人も多く心強い。頑張りましょう」と、101歳の年齢を感じさせない力強い声で訴えかけた。

 小田川義和さん(戦争をする国づくりストップ!憲法を守り・生かす共同センター)のカンパアピールに続いて、各政党代表が登壇した。

 民進党の岡田克也代表、日本共産党の志位和夫委員長、社民党の吉田忠智党首、生活の党の小沢一郎代表が舞台に揃い踏みし、それぞれの立場から「市民と連帯し野党共闘を強め参議院選(W選)に何としても勝利する」という決意を述べ、会場からも期待を込めて大きな拍手が送られた。

00213393071_2
 続いて各分野の取り組みからのリレートークに移った。

 憲法・戦争法に対する闘いについてSEALD’S・奥田愛基さん、国際ボランティアの現場からシャンティ国際ボランティア会・市川斉さん、辺野古基地建設反対から沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック・青木初子さん、福島の被災地から原子力資料情報室・片岡遼平さん、障がい者の現状について障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会・家平悟さん、民族差別とヘイトスピーチに反対する朝鮮高校生たち、TPP反対運動から日本消費者連盟・纐纈美千代さん、教育・教科書問題から子どもと教科書全国ネット21・糀谷陽子さん、労働法制改悪反対の取り組みから日本労働弁護団・嶋崎量さん、子供の貧困問題についてNPOしんぐるまざーず・ふぉーらむ・竹内三輪さんらが、それぞれの分野から安倍政治の問題性・反動性を抉り出した。そして、あらためてこれらの諸分野の取り組みとも連帯を強め安倍政治を打ち破っていくことが全体で確認された。

  *朝鮮高校生の発言は下記「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」のfacebookで動画も

  https://www.facebook.com/tokyo.musyoukasaiban/posts/1614969438823242

 集会は最後に、福山真劫さん(戦争をさせない1000人委員会)の行動提起を受け、シュプレヒコールを挙げ、クロージングコンサートの中を2コースに分かれてパレードに移っていった。

Origin_11_3

« 平和といのちと人権を!5・3憲法集会に集まろう | トップページ | ●オバマも安倍も謝罪せよ! 広島からのアピール »

集会・行動の報告」カテゴリの記事