無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月19日 (日)

●元海兵隊員の蛮行糾弾!6・19沖縄県民大会・国会包囲行動

またも繰り返された米軍関係者の凶悪犯罪に対して沖縄では怒りと悲しみに包まれ、619日、那覇市の奥武山(おうのやま)陸上競技場で「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾!被害者を追悼し海兵隊の撤退を求める県民大会」(主催・オール沖縄会議)が65千人の人々の結集で開かれた。またこの日、沖縄県民大会に呼応して東京の国会包囲行動をはじめ全国32都道府県・40か所を超える各地で連帯行動が取り組まれた。

 

怒りは限界を超えた!沖縄県民大会に65千人

Origin_21

沖縄県民大会では、初めに全参加者で被害女性に黙とうがささげられた。

続いてオール沖縄会議共同代表の稲嶺名護市長、呉屋守将さん、高里鈴代さん、SEALD’S琉球の玉城愛さんの4人が挨拶。その中で、被害女性と同世代の玉城愛さんは「同じ世代の女性の命が奪われる。もしかしたら私だったかもしれない。私の友人だったかもしれない」と米軍犯罪被害と隣り合わせの沖縄の現実を涙ながらに訴え、「彼女が奪われた生きる時間の分、責任を持って生きていきませんか」と呼びかけた。

 また県民大会には被害女性の父親から、「なぜ娘なのか、なぜ殺されなければならなかったのか。次の被害者を出さないためにも、全基地撤去、辺野古新基地に反対、県民が1つになれば可能だと思っています」とのメッセージが寄せられ高里さんによって代読された。

                                               
0160619at30_t_3 

 挨拶に立った翁長沖縄県知事は、女性が遺棄された場所に花を手向けた際、「心の底から『あなたを守ってあげることができなくてごめんなさい』という言葉が出ました。政治の仕組みを変えることができなかったことは、知事として痛恨の極みであり、申し訳ない」と述べ
「このような事件が二度と起きないよう県民の先頭に立って、日米地位協定の抜本的な見直し、海兵隊の撤退・削減を含む基地の整理縮小、新辺野古基地建設阻止に取り組んでいく不退転の決意」を表明した。

Imag2016061986730_imh_04_r_2
 65千人の参加者は「
怒りは限界を超えた」「海兵隊は撤退を」と書かれたメッセージボードを掲げ、沖縄の人々の怒りと悲しみを表した。

 

沖縄県民大会に呼応し1万人で国会包囲行動

 

P1000934_640x262

 この日、午後2時から約1万人が結集して国会包囲行動が取り組まれた。総がかり行動実行委員会と「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会が共催したものだ。

 国会正門前で開かれた集会では、初めに1分間の沈黙で被害女性に哀悼をささげた。

 国会包囲実行委員会から沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック共同代表の外間さんが主催者挨拶。沖縄がたどってきた歴史に触れながら、沖縄に差別と負担を強いている本土側の責任を自覚しながら連帯した闘いを強めて行こうと呼びかけた。

P1000925_640x498                         挨拶する大城さん

続いて沖縄平和運動センター事務局長の大城悟さんが登壇し、「日米政府がいくら綱紀粛正やパトロールを強化しても基地がある限り事件はなくならない」「日米地位協定の抜本的改定、米海兵隊の撤退こそが求められている」と訴えた。

また民進党の初鹿明博衆議院議員、日本共産党副委員長の田村智子参議院議員、社民党党首の吉田忠智参議院議員らが相次いで登壇し、それぞれの立場から被害女性への哀悼と沖縄駐留米海兵隊の撤退、そして安倍退陣に向け野党共闘と市民の連携で参院選に何としても勝利する決意を表明した。

集会ではまた、沖縄県民大会の翁長知事の挨拶が実況で流され、力強い決意の表明に国会前でも大きな拍手が起こった。

さらに作家の落合恵子さんら各分野の人々が次々と思いを語り、最後に総がかり実行委員会から小田川義和さん(戦争をする国づくりストップ!憲法を守り・生かす共同センター)のアピール、高田健さん(解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会)の行動提起を受け締めくくった。

P1000937_640x480
 参加者は、「出ていけ海兵隊!」などと書かれたメッセージボードを掲げながら、全体で「女性殺害徹底糾弾!」「海兵隊は今すぐ出てけ!」「地位協定は抜本改定!」「辺野古新基地建設反対!」「戦争法は今こそ廃止!」「憲法改悪絶対反対!」のシュプレヒコールを国会に向け、また沖縄の人々に届けとばかりに挙げ続けた。

2016年6月 6日 (月)

6・19沖縄県民大会に呼応し怒りの国会包囲へ!

沖縄で米軍属(元海兵隊員)による凶悪犯罪がまたも繰り返された。6月19日、沖縄では怒りと悲しみの県民大会が開かれる。これに呼応する6・19国会包囲行動が総がかり行動実行委員会と「止めよう!辺野古埋め立て」国会包囲実行委員会の共催で取り組まれる。

多くの皆さんの参加を呼びかけます。

6_19

2016年6月 5日 (日)

●6・5全国総がかり行動-4万人余で国会包囲

 通常国会が会期末を迎え、事実上の参議院選挙戦がスタートしている中、「明日を決めるのは私たち-政治を変えよう!65全国総がかり大行動」が取り組まれた。戦争法廃止、貧困・格差是正、参院選野党勝利、安倍内閣退陣を掲げた全国統一行動だ。

 P1000922_640x385

 東京では、4万人余りの人々で国会を包囲した。この日は、国会正門前ステージ、霞が関・農水省前ステージ、日比谷公園ステージの3ステージが設けられ、それぞれ安倍政治NO!参院選勝利!に向けてアピールが行われた。

 国会正門前ステージでは、最初に市民連合の山口二郎・法政大教授が開会あいさつ。「昨年来の市民の戦争法に反対する運動のうねりが野党共闘へと押し上げた。しかし、野党共闘が出来ただけでは最初の一歩に過ぎない。大変厳しい闘いだが市民と野党が一緒になって参議院選で何としても野党の勝利を勝ち取り、安倍政治に終止符を」と力強く訴えた。

 P1000910_628x640

 続いて民進党の枝野幸男幹事長、日本共産党の山下芳生副委員長、社民党の吉田忠智党首が登壇し、それぞれの立場から参議院選勝利に向けた決意の表明がなされた。

P1000918_640x396_2

 午後2時半、全国各地の行動と心を合わせた一斉コールが行われた。「戦争法は今すぐ廃止」「参議院選で野党の勝利」などのコールを各地の仲間たちに届けとばかりに参加者は声を挙げ続けた。

 集会はさらに各ジャンルの人々のアピールに移った。音楽評論家の湯川れい子さん、ジャーナリストの高野孟さん、法学者の浦田一郎・明治大教授、山岸良太弁護士、SEALDS、安保関連法に反対するママの会、安保法制違憲訴訟の会、田中宏・一橋大名誉教授らが次々と登壇し、それぞれのジャンルからアピール。

P1000920_640x406_2                    80歳とは思えない元気な湯川れい子さん

 その中で田中宏さんは、「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対し適用を求める裁判闘争、「戦争法廃止」を掲げた集会への中国人ゲストへのビザ不発給の不法性を問う裁判闘争-の二つの裁判闘争を紹介し、安倍政治と闘う中でこれに何としても勝利していきたいと訴えた。

集会は、最後に高田健さんが閉会あいさつ。「主催者としては昨年の12万人の国会包囲を再現したかったが、事実上の参議院選に突入している状況下で、各地で地を這うように闘いに取り組んでいる人々がおり、そういう中でも国会前に4万人余りが結集した。その何倍もの人々が地域で動いている。今日ここに集まった私たちも、地域で、また周囲の人々に働きかけを強めていこう」と呼びかけた。集会は最後に国会に向けたコールを挙げつつ終了した。

P1000924_640x266

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »