無料ブログはココログ

« ●【詳報】 2017 8・15ソウル平和行動に日本訪問団参加 | トップページ | 【講演詳細】9・16集会 纐纈厚・山口大名誉教授のレジュメから »

2017年9月17日 (日)

●【速報】9・16日朝ピョンヤン宣言15周年集会開く

P1010382_640x323
 9月16日夜、東京・文京区民センターに雨の中約150人の人々が結集し、「日朝ピョンヤン宣言15周年 朝鮮半島と東アジアの平和のための9・16集会」が開かれた。

 集会では、渡辺健樹さん(日韓ネット共同代表)が主催者挨拶。

続いて纐纈厚・山口大学名誉教授が登壇し、「南北朝鮮の和解と統一を阻むもの-アメリカの覇権主義と追随者たち」と題して講演。①戦後の朝鮮半島の南北分断が日本の朝鮮植民地支配に起因していること、②韓国内の民衆の闘い、③アメリカの朝鮮恫喝政策が「脅威」の根源、④平和実現を阻むものは誰か、⑤繰り返される朝鮮への戦争挑発、⑥朝鮮半島の平和構築の方途-などについて詳しく話された。【講演の詳細内容は後日掲載】

P1010380_640x480

                    纐纈厚さん

 休憩をはさみノレの会から、8月に参加した「徴用工像とともに 仁川(インチョン)平和文化祭」の映像が流され、さらに「リムジンガン(臨津江)」を参加者とともに合唱した。

P1010387_640x448

                            熱唱するノレの会

 

続いて、この間の朝鮮高校への「無償化」差別裁判の広島・大阪・東京など各地の判決について、長谷川和男さん(「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会共同代表)が特別報告を行った。長谷川さんは「大阪地裁判決はまっとうな、当たり前の司法判断で勝利したが、広島・東京地裁では原告の訴えを一顧だにしない、政府の差別政策と小理屈を司法が追認した不当判決が出された。これを日本人が許していることが問題であり、日本人の歴史的責任が問われている。戦後、困難の中で営々と築かれてきた朝鮮学校の素晴らしさを広く伝え、世論を変えていくことが必要だ」と訴えた。長谷川さんは、この間全国の朝鮮学校への激励行脚を行っており、今回スケジュールを調整して参加してくれた。

P1010392_640x480

                  長谷川和男さん

  集会は各団体からのアピールに移った。

辺野古の新基地建設をめぐる緊迫した状況と闘いについて大仲尊さん(沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック共同代表)、「慰安婦」問題の日韓合意の問題性と闘い、石垣島の慰安所で亡くなった朝鮮人被害者の碑建立の経過などについて中原道子さん(VAWW RAC共同代表)、この間の朝鮮半島の平和のための取り組みと改憲阻止の闘いについて高田健さん(許すな!憲法改悪・市民連絡会)、キャンドル行動と新政権成立以降の韓国の現状と民衆の闘いについて宋世一さん(ソン・セイル=在日韓国民主統一連合副議長)が、それぞれの課題での提起を行った。

これらを受け、最後に「集会アピール」を全体の大きな拍手で確認し終了した。

P1010393_640x480                   大仲尊さん
P1010395_640x480                   中原道子さん
P1010397_640x480                    高田健さん
P1010399_640x480

                         宋世一さん

日朝ピョンヤン宣言15周年

朝鮮半島と東アジアの平和を求める

16集会アピール

 

今、朝鮮半島の軍事緊張は極度に高まり、一触即発の状態が続いています。米国はサードを韓国に配備、史上最大の米韓合同軍事演習を繰り返し、朝鮮側は核実験やICBMなどの発射実験でこれに対抗しています。

         朝鮮半島の緊張の根源と平和への道

日本では一方的に「朝鮮の脅威」のみが煽られていますが、これは誤った見方です。

朝鮮戦争の停戦協定から今年で64年にもなりますが停戦状態のまま大規模軍事演習で絶えず軍事的威嚇を加えてきたのは米国です。

この米国の軍事的圧迫が朝鮮を核・ミサイル開発に向かわせたのです。                      

 朝鮮半島の緊張状態を平和の方向に転換させるためには、米国が大規模軍事演習を停止し、朝鮮も核・ミサイル開発を停止する「相互停止」がまず必要です。そして対話により現在の停戦状態から平和協定締結に向かうことです。これは朝鮮戦争当事者である米朝の義務であり、朝鮮半島非核化の近道でもあるのです。

しかし、これを拒み続けているのは米国です。ここに朝鮮半島の緊張の根源があります。

                 朝鮮半島の緊張利用する安倍政権

安倍政権は米国に追随して「対話より圧力」の旗を振り、朝鮮半島の緊張を煽り、それを最大限に利用して「戦争のできる国」作りを推し進めています。

戦争法に基づく自衛隊の米軍への戦争協力(集団的自衛権行使)拡大、「共謀罪」の強行成立、そして憲法9条の改悪にまで手を付けようとしています。これを絶対に許してはならないでしょう。

また日本政府が公然とおこなっている朝鮮高校への「無償化」差別に反対し、「無償化」適用を強く要求していきましょう。

                 日朝正常化と米朝平和協定の実現を

国交正常化を目指すことで合意した日朝ピョンヤン宣言(2002.9.17)に基づき、対朝鮮敵視政策を転換し、米国に対話と平和協定締結を促すことこそ、日本の取るべき道であり、日本の平和の道にも直結しています。その実現を目指して声をあげていきましょう。

 2017年9月16日 集会参加者一同

P1010386_640x320

 9・16集会呼びかけ・賛同一覧(9/16現在)                              順不同    

 

日韓民衆連帯全国ネットワーク、ピース・ボート、「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)、許すな!憲法改悪・市民連絡会、反安保実行委員会、在日韓国民主統一連合、荒川住民ひろば、韓国良心囚を支援する会全国会議、憲法を生かす会東京連絡会、新社会党、新社会党東京都本部、スペース21、全水道東京水道労働組合、朝鮮女性と連帯する日本婦人連絡会、日韓平和連帯、日本カトリック正義と平和協議会、ぴ~す・め~る、本郷文化フォーラム・ワーカーズスクール(HOWS)、安達由紀、石井寛(韓国良心囚を支援する会全国会議事務局長)、伊藤英一、岩村義雄(神戸国際キリスト教会牧師)、上原成信(沖縄の老人・90才)、大畑龍次(日韓ネット)、岡田雅宏、尾澤邦子(日韓ネット・ノレの会)、尾澤孝司(日韓ネット)、小野信也(沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)、片山光広、加藤加津子、加藤正姫(日韓ネット)、川見一仁、北川広和(日韓ネット・「日韓分析」編集)、北原れい子、近藤ゆり子、高史明(作家)、東風徹(韓国良心囚を支援する会全国会議)、佐藤大介(ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン)、高梨晃嘉(日朝県民の会・かながわ)、竹内宏一(日朝教育・文化交流をすすめる愛知の会事務局長)、武田隆雄(日本山妙法寺僧侶)、塚本春雄(横浜事件国賠を支える会)、寺尾光身、土松克典(日韓ネット)、冨田一彦(新社会党)、中村知明(郵政ユニオン本部書記長)、永好和夫(ボランティア)、成川晃、原崎敏、番場明子(ぴ~す・め~る)、布施由女、正木峯夫、森本孝子(東京朝鮮高校生裁判を支援する会事務局)、矢野秀喜、山田昭次(歴史研究者)、横原由紀夫(東北アジア情報センター運営委員)、吉原真次、渡辺一夫(韓国良心囚を支援する会全国会議代表)、渡辺健樹(日韓ネット共同代表)、渡辺吉男 【匿名希望1名】

 

« ●【詳報】 2017 8・15ソウル平和行動に日本訪問団参加 | トップページ | 【講演詳細】9・16集会 纐纈厚・山口大名誉教授のレジュメから »

9・17ピョンヤン宣言集会報告」カテゴリの記事

集会・行動の報告」カテゴリの記事