無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月15日 (金)

キャンドル革命の源流 3・1独立運動100周年キャンペーンへ

私たちは3・1朝鮮独立運動の記念集会を毎年開催してきましたが、来年2019年が100周
年となるのを機にこれまで接点のなかった人びととも共同して来る6月30日に「3・1朝
鮮独立運動100周年キャンペーン」を立ち上げることになりました。

これは、安倍政権が行っている「明治150年」キャンペーンや9条改憲・戦争国家の道に
対峙し、また現在進行している朝鮮半島の平和と統一への大きな動きにも連動していこ
うとするものです。多くの心ある皆さまの賛同とご協力をお願いする次第です。

【お断り】6・30スタート集会は定員に達し次第、入場をお断りする場合があります。

チラシのダウンロード 表「31100omote.pdf」をダウンロード 裏「31100ura.pdf」をダウンロード

20180630a2018630b





●6・13韓国統一地方選の結果について

韓国6.13地方選の結果について

                         かもめ

 

1)今回の選挙のポイントは文在寅政権(及び与党・共に民主党)が圧勝したこと

文在寅政権後には朴槿恵政権時代の不正腐敗をあぶり出し、残った保守勢力に徹底的にメスを入れ、逮捕、起訴なども相次ぐ「積弊清算」が続いていますが、市民がこれを「政治的報復」ではなく、一昨年、去年に次ぐキャンドル抗争の続きだとみていることです。

さらに、427日の南北首脳会談、地方選前日の612日の米朝首脳会談などを平和に向けた第一歩ととらえており、支持しているということです。

 

2)この支持は75%*に至る圧倒的なもので、保守勢力は惨敗したということ。

 下記は首長選挙の結果ですが、「共に民主党」14(82.3%)、「自由韓国党」2、無所属1となっており、韓国マスコミでも保守惨敗、完敗などと報道しています。    *(リアルメータ―614日調査)

2018613_2

 

 これまで保守が握ってきた釜山市や慶尚南道知事選でも敗退した結果を受けて、自由韓国党のホン・ジュンピョは辞任。彼は「左派勢力に国が乗っ取られる」などの言い方で、慶南道知事時代には学校給食の無償化を覆したり、公共病院をつぶしたりと数々の「話題にのぼった」人物でした。

 

3)より「左」の勢力も与党との主張の線引きが明確に出来ず四分五裂、惨敗

下記は数値で見た、選挙結果です。(中央選挙管理委員会より)

市道知事

                                         
   

選人

   
   

政党別 選人

   
   

共に民主党

   
   

自由韓

   
   

無所

   
 

合計

 
 

17

 
 

14

 

82.3%

 
 

2

 

11.7%

 
 

1

 

 

 

市区郡、首長

                                               
   

選人

   
   

政党別 選人

   
   

共に民主党

   
   

自由韓

   
   

民主平和党

   
   

無所

   
 

合計

 
 

226

 
 

151

 

(66.8%)

 
 

53

 

23.4%

 
 

5

 

(2.2)

 
 

17

 

 

市道議会、議員選挙

                                                           
   

選人

   
   

政党別 選人

   
   

共に民主党

   
   

自由韓

   
   

正しい未

   
   

民主平和党

   
   

正義党

   
   

無所

   
 

合計

 
 

737

 
 

605

 

82%

 
 

113

 

(15.3%)

 
 

1

 

(0.1%)

 
 

1

 
 

1

 
 

16

 

 

区・市・郡議会、議員選挙

                                                                 
   

選人

   
   

政党別 選人

   
   

共に民主党

   
   

自由韓

   
   

正しい未

   
   

民主平和党

   
   

正義党

   
   

民衆党

   
   

無所

   
 

合計

 
 

2,541

 
 

1,400

 

55%

 
 

876

 

34%

 
 

19

 

(0.7%)

 
 

46

 

(1.8%)

 
 

17

 

(0.6%)

 
 

11

 

(0.4%)

 
 

172

 

 

広域市道、比例代表選挙

                                                     
   

選人

   
   

政党別 選人

   
   

共に民主党

   
   

自由韓

   
   

正しい未

   
   

民主平和党

   
   

正義党

   
 

合計

 
 

87

 
 

47

 
 

24

 
 

4

 
 

2

 
 

10

 

 

基礎議員、比例代表選挙

                                                     
   

選人

   
   

政党別 選人

   
   

共に民主党

   
   

自由韓

   
   

正しい未

   
   

民主平和党

   
   

正義党

   
 

合計

 
 

385

 
 

238

 
 

133

 
 

2

 
 

3

 
 

9

 

 

国会議員選挙 (補欠)

                                   
   

選人

   
   

政党別 選人

   
   

共に民主党

   
   

自由韓

   
 

合計

 
 

12

 
 

11

 

(91.7%)

 
 

1

 

8.3%

 

 

 

 

単純に人数のみで見た政党別当選者数(かもめ集計)

                                                           
   

合計人数

   

(%)

   
   

政党別 当選人数(%)

   
   

共に民主党

   
   

自由韓国党

   
   

正しい未来党

   
   

民主平和党

   
   

正義党

   
   

民衆党

   
   

無所属

   
 

4,005

 

100

 
 

2,466

 

(61.6)

 
 

1,204

 

30.1

 
 

29

 

0.6

 
 

57

 

1.4

 
 

37

 

0.9

 
 

11

 

0.3

 
 

206

 

5.1

 

 

*進歩政党は、これまで強かった蔚山(ウルサン)地域でも与党に敗退。下記は、報道。

 

インターネットニュース『メディアオヌル』

政党では首長ゼロ、正義党の支持率は上昇

進歩政治の本山、蔚山(ウルサン)でも選なし、 政党の支持は蔚山(ウルサン)や全羅道で減り、ソウルや済州で増える

20180614

政党2014年に続き、今年の地方選でも不振だった。進歩4党の域・基礎団体の首長選者は0人。ただ、正義党は結党以来、初めて政党得票率が10%を超え、躍進した。

 進政党出身の政治家が生まれ続けた蔚山(ウルサン)市もみじめな状況だった。進歩4党のうち、域比例代表を除き、域・基礎団体議員に選した候補はわずかだ。蔚山(ウルサン)市は進政党出身の首長や議員が2010年に27人、2014年に9選したが、2018年にはほとんどを共に民主党に持っていかれた。 

 進政党の蔚山(ウルサン)得票率13.98%(83874)2014年の20.75%に比べると7% 程度減っている。一方で共に民主党の得票率は23.76%から47%へと大きく伸ばした。 

 労働党は2014年に域議員1人、基礎議員6人で合計7人を選させたが、2018年には0人。(略)

  民衆党は光州・全南・全北で正義党より低かった。統合進歩党の一部党員により創られた民衆党は、光州で5.13%、全南で3.59%、全北で1.25%などだった。基礎議員の選者は全南、順天市のみだ。[原文のまま] 

 ホナム地域[全羅道地域]政党支持率は2014年の地方選より減っている。特に今回は民主平和党が出来て分散した結果だ。2014年の正義党・統合進歩党・緑の党・労働党の4党の政党支持率(域比例)の合計は、光州19.9%、全北18.29%、全南22.46%だった。2018年には光州13.75%、全北15.19%、全南13.31%となっている。

一方でソウルや済州では進政党の全体支持率が小幅ながら上昇している。

ソウル地域の進歩4党支持率(域比例)は、20148.14%から201810.98%に上昇。このうち正義党の支持率だけでも9.71%となっている。

 済州では201412.05%から201820.17%に増加。正義党、の党の支持増加。正義党の済州得票は、20146.1%から11.85%に上昇。の党は20141.65%から4.87%となっている。 

政党支持率が伸びた地域では首長選挙候補の善戦があった。ソウル市長選挙ではシン・ジエ緑の党候補が1.67%正義党キム・ジョンミン候補は1.64%だった。正義党が院内政党であることを考えるとの党の善戦が目につく。特にシン候補は市長選で唯一のフェミニスト候補だとして、若い女性の支持を得た。

(以下略)

原文:
http://www.mediatoday.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=143149#csidx0548a49cb98ae59a7262ba460a316e9 http://linkback.mediatoday.co.kr/images/onebyone.gif?action_id=0548a49cb98ae59a7262ba460a316e9

 

 

4)注目された地域(サード配備の慶尚北道、星州、金泉)の結果

前述の通り、慶尚北道、大邱地域は唯一保守が生き残っている地域で、「サード反対」を掲げて選挙を闘うのは大変だったでしょう。

 

慶尚北道、金泉市長選の結果  (ピンクが当選)

                                   
   

候補者別得票数

   
   

自由韓国党
 
金(김응규

   
   

無所属
 
パク・ヒジュ

   
   

無所属
 
金(김충섭

   
   

   
 

27,098

 
 

12,405

 
 

40,775

 
 

80,278

 

 

*パク・ヒジュさん:落選

 それでも自由韓国党が落選しているのは大きいですね。

 

慶尚北道、星州郡、議員選挙の結果 (ピンクが当選)

                                                           
   

候補者別得票数

   
   

自由韓国党
 
김성우

   
   

自由韓国党
 
이봉근

   
   

自由韓国党
 
노광희

   
   

無所属
 
도희재

   
   

無所属
 
李在東

   
   

無所属
 
김미경

   
   

無所属
 
김경호

   
   

   
 

2,648

 
 

2,076

 
 

1,695

 
 

3,015

 
 

1,676

 
 

869

 
 

2,201

 
 

14,180

 

 

*イ・ジェドン(李在東)さん(全国農民会総連盟、星州農民会長):落選

 

 様々な分析があるでしょうが、今日はこれまで~~。

2018年6月14日 (木)

●6・12米朝首脳会談に対する東アジア市民連帯声明

朝鮮半島問題に取り組んできた市民団体、在日の権利のため取り組んできた市民団体、祖国の平和と統一のために取り組んできた在日団体など13団体で構成する<東アジア
市民連帯>が、6月12日の米朝首脳会談と米朝共同声明を歓迎する声明を発表しまし
たのでご紹介します。

 PDF版はこちらから 「2018.6.12米朝首脳会談に関する声明.pdf」をダウンロード

125155_64717_12531_3
   *********************************************************************
           6・12米朝首脳会談と共同声明を歓迎する
                                          2018年6月14日 東アジア市民連帯
   *********************************************************************

                                         (一)

 6月12日、アメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領と朝鮮民主主義人民共和国(以
下、朝鮮)の金正恩国務委員長による史上初となる首脳会談が、シンガポールのセント
ーサ島で開かれた。午前10時過ぎ、全世界が注目する中、両首脳は笑顔で握手を交わし
初対面。続いて両首脳だけの会談、閣僚を交えた拡大会議、ワーキングランチが行われ
その後、米朝首脳による共同声明が発表された。

 共同声明は、両首脳が「新たな米朝関係確立と、朝鮮半島における永続的で強固な平
和体制構築に関連する問題をめぐり、包括的で掘り下げた、そして真摯な意見交換」を
行い、「トランプ大統領は朝鮮に安全の保証を提供することを誓約し、金正恩委員長は
朝鮮半島の完全な非核化に取り組む断固とした揺るぎない決意を再確認した」ことを明
らかにした。

 そして、両首脳は「新たな米朝関係の確立が朝鮮半島および世界の平和と繁栄に貢献
すると確信するとともに、相互の信頼醸成によって朝鮮半島の非核化を促進できる」と
の認識の上に、①米朝は新たな関係の確立に全力を挙げる、②米朝は朝鮮半島の永続的かつ安定した平和体制構築に向け共に努力する、③朝鮮は4・27板門店宣言を再確認し朝鮮半島の完全な非核化に全力で取り組む、④米朝は戦争捕虜・行方不明兵の遺骨収容と返還を全力で進める-の4項目を宣言した。また、その完全かつ迅速な実行のため可
能な限り早期にポンペオ米国務長官と対応する朝鮮高官による後続交渉を行うことも確
認された。

                                         (二)

 私たちは、6・12米朝首脳会談と共同声明を朝鮮半島の平和体制構築と非核化への歴
史的な第一歩として歓迎する。何よりも朝鮮民主主義人民共和国の建国から70年に渡り
砲火を交え銃口を向けあってきた米朝首脳が歴史上初めて対面し、両首脳の名によっ
て包括的な目標が示されたことは画期的である。

 共同声明の具体的実行および法的・制度的措置の確立は今後の後続交渉に委ねられることになるが、すでにトランプ大統領は会談直後の記者会見で、交渉継続中の米韓合同
軍事演習の中止なども表明しており、朝鮮側も主要なミサイルのエンジン試験施設の破
壊を約束したとされている。

 朝鮮側の報道によると、金正恩委員長は、朝鮮半島における恒久的で強固な平和体制
を構築のため、「差し当たり相手を刺激して敵視する軍事行動を中止する勇断から下す
べきだと語った。トランプ大統領はこれに理解を表し、朝米間に善意の対話が行われる
間、朝鮮側が挑発と見なす米韓合同軍事演習を中止し、朝鮮に対する安全保証を提供し
対話と協商を通じた関係改善が進むことに合わせて対朝鮮制裁を解除することができる
との意向を表明」したという。また「朝米両首脳は、朝鮮半島の平和と安定、朝鮮半島
の非核化を進める過程で段階別、同時行動原則を順守するのが重要であることについて
認識を共にした」という(6月13日朝鮮中央通信)。

 首脳会談の詳細な内容は明らかにされていないが、相互の信頼醸成に資する形で今後
の後続交渉が行われ、4項目の目標が速やかに実現されることを強く求めたい。

                        (三)

 私たちは、この間まったく蚊帳の外で右往左往してきた安倍政権が、拉致問題を政治
利用し日朝首脳会談を模索するポーズをとりながら、依然として朝鮮敵視政策をとり続
け、これを利用して軍拡の道を走り続けていることを厳しく糾弾したい。

 それを端的に示しているのが、米朝首脳会談が行われている最中の6月12日午後1時20
分に種子島宇宙センターから対朝鮮を主目的とした軍事偵察衛星を打ち上げていること
である。1基1千億円もする陸上配備型ミサイルシステム(イージスアショア)の配備予定
地とされる秋田・山口への説明も6月に入って行ない、さらに小野寺防衛相が現地に出
向くことも予定されている。平和の流れに逆行し、沖縄辺野古への新基地建設で8月に
は土砂を投入予定、オスプレイの全国的配備まで行おうとしている。

 安倍首相は、これまで拉致問題を日朝交渉の入口としてすべての上に置いてきた。
しかし、そのこと自体が日朝ピョンヤン宣言の歪曲であり、拉致問題を含め日朝関係が
一歩も進んでこなかった要因である。

 私たちは、日本政府が、米朝首脳会談で確認された朝鮮半島の平和体制構築と完全な
非核化実現のため積極的役割を果たし、日朝ピョンヤン宣言に基づき、不幸な過去の清
算を基礎とした日朝国交正常化交渉を速やかに再開することを強く要求する。拉致問題
もその中でこそ解決への道が開けるのである。

 私たち東アジア市民連帯は、6・12米朝首脳会談によって新たに切り開かれた情勢を
踏まえ、朝鮮半島の平和体制構築と非核化のために国際的な連帯を強め、日本の軍事大国化の道に反対し、日朝国交正常化の早期実現を目指していきたい。

-------------------------------------------------------------------------
東アジア市民連帯構成団体(フォーラム平和・人権・環境、ピースボート、日韓つなが
り直しキャンペーン、日韓民衆連帯全国ネットワーク、「高校無償化」からの朝鮮学校
排除に反対する連絡会、村山首相談話を継承し発展させる会、東京朝鮮人強制連行真相
調査団、6・15共同宣言実践日本地域委員会、朝鮮学園を支援する全国ネットワーク、
朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会、日本朝鮮学術教育交流協会、「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)、全日本建設運輸連帯労働組合)
-------------------------------------------------------------------------

2018年6月13日 (水)

●6・12米朝首脳共同声明全文(シンガポール)

米朝首脳共同声明の全文

 

アメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領と朝鮮民主主義人民共和国の金正恩国務委員長は2018年6月12日、シンガポールで初の歴史的な首脳会談を開いた。
 トランプ大統領と金正恩委員長は、新たな米朝関係確立と、朝鮮半島における永続的で強固な平和体制構築に関連する問題をめぐり、包括的で掘り下げた、そして真摯な意見交換を行った。トランプ大統領は朝鮮に安全の保証を提供することを誓約し、金正恩委員長は朝鮮半島の完全な非核化に取り組む断固とした揺るぎない決意を再確認した。
 新たな米朝関係の確立が朝鮮半島および世界の平和と繁栄に貢献すると確信するとともに、相互の信頼醸成によって朝鮮半島の非核化を促進できると認識し、トランプ大統領と金正恩委員長は以下を宣言する。
 1.米国と朝鮮は、平和と繁栄を求める両国民の望みに沿い、新たな関係の確立に全力を挙げる。
 2.米国と朝鮮は、朝鮮半島の永続的かつ安定した平和体制の構築に向け、共に努力する。
 3.朝鮮は2018年4月27日の板門店宣言を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に全力で取り組む。
 4.米国と朝鮮は、戦争捕虜・行方不明兵の遺骨の収容について、身元特定済みのものの即時返還を含め、全力で進める。
 史上初の米国と朝鮮の首脳会談が、数十年に及ぶ両国間の緊張と敵意を克服する上で、そして新しい未来を開くために、極めて重要な画期的出来事だという認識の下、トランプ大統領と金正恩委員長は、この共同声明の項目の完全かつ迅速な実行に全力を挙げる。米国と朝鮮は首脳会談の結果を実行するため、可能な限り早期にポンペオ米国務長官とそれに対応する朝鮮高官による後続交渉を行うと誓約する。
 ドナルド・トランプ米大統領と金正恩朝鮮国務委員長は、新たな米朝関係の発展、朝鮮半島と世界の平和、繁栄、安全の促進に向けて協力することにした。

      2018年6月12日 シンガポール・セントーサ島

アメリカ合衆国大統領              朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長         

    ドナルド・トランプ                                            金正恩 

 

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »