無料ブログはココログ

カテゴリー「集会・イベント案内」の44件の記事

2017年8月19日 (土)

9・16朝鮮半島と東アジアの平和のための 日朝ピョンヤン宣言15周年集会のご案内

チラシのダウンロードは下記から

  表 「2017916omote.pdf」をダウンロード  裏 「2017_916ura.pdf」をダウンロード2017916_42017916_2

2017年5月21日 (日)

6・11朝鮮半島と東アジアの平和 国際シンポのご案内

611_2
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
         6.15南北共同宣言17周年 国際シンポジウム
        朝鮮半島と東アジア~平和への新たなステージへ~
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

〇日 時:6月11日(日)14時~17時半(受付開始13時半)参加費千円
〇場 所:中央大学駿河台記念館281号室(千代田区神田駿河台3-11-5)
           JR中央線「お茶の水」、地下鉄「新御茶ノ水」下車)
       http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/

〇シンポジスト:コーディネーター 纐纈厚(山口大学名誉教授)
日本 浅井基文(元外務省地域政策課長)
     「朝鮮半島と東アジアの平和の為に日本が成すべき役割」
朝鮮 李炳輝(朝鮮大学校文学歴史学部教授)
     「6.15南北共同宣言の今日的意味と朝鮮半島の平和と統一の行方」
韓国 キム・ビョンギュ(THAAD反対全国対策委員会執行委員長)
      「新政権誕生から観る6.15共同宣言履行と平和統一への展望」
カナダ ミシェル・チョスドフスキー(オタワ大学名誉教授)
     「トランプ政権の朝鮮半島政策の問題点と米朝関係の展望」
ロシア キム・ヨンウン
       (ロシア科学アカデミー極東問題研究所朝鮮問題研究センター上級研究員)
     「東アジアと朝鮮半島の平和ためのロシアの政策」
中国 鄭己烈(中国清華大学客員教授)
     「米中首脳会談後の中国の朝鮮半島政策」

〇主 催:東アジア市民連帯
(参加団体:フォーラム平和・人権・環境、6・15 共同宣言実践日本地域委員会、ピー
スボート、日韓つながり直しキャンペーン、日韓民衆連帯全国ネットワーク、「高校無
償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会、村山首相談話を継承し発展させる会、東
京朝鮮人強制連行真相調査団、朝鮮学園を支援する全国ネットワーク、朝鮮の自主的平
和統一を支持する日本委員会、日本朝鮮学術教育交流協会、「戦争と女性への暴力」リ
サーチアクションセンター(VAWW RAC)、全日本建設運輸連帯労働組合

〇問合せ:フォーラム平和・人権・環境
TEL:03-5289-8222
メール:park@gensuikin.org
http://www.facebook.com/eastasia.solidarity

【開催趣旨】
朝鮮半島情勢が緊迫する中、日本では一方的に「北朝鮮の脅威」が煽られ、それを口
実に政府は安保法制に基づく初めての集団的自衛権行使といえる「米艦防護命令」を発
令し、巡航ミサイルなどの「敵基地攻撃能力」保有を検討しています。一方、国会では
まともな議論もなしに「共謀罪」法制化に向けた審議が与党主導で着々と進められるな
ど、安倍政権による平和憲法をないがしろにした「戦争のできる治安国家」への暴走が
止まりません。

 トランプ米政権の対朝鮮政策が徐々に浮き彫りになり、韓国では朴前大統領の弾劾に
よる大統領選挙の結果、「対話による解決」を掲げる文在寅政権が発足するなど、朝鮮
半島情勢の行方に世界の耳目が集まっています。
 1953 年7 月の朝鮮戦争停戦協定締結以降、戦争が終結されない交戦状態が60 年以上
も続く朝鮮半島では、1976 年から毎年春と夏に世界最大規模の米韓合同軍事演習が行
われ一触即発の戦争危機が定期的に生じています。世界最大のホットスポットとなって
いる朝鮮半島における平和体制構築は、南北朝鮮はもとより、東北アジアの平和と日本
の安全保障にとってもっとも重要で切実な課題となっています。

 この度、2000 年6 月15 日の南北首脳会談と南北共同宣言17 周年を迎え、その歴史
的意義を振り返りながら、朝鮮半島の緊張緩和と和解、東アジアの真の平和に向けた新
たなステージを切り開くための課題と展望について、日本と南北朝鮮、北米、中国、ロ
シアの専門家らをお招きして国際シンポジウムを開催することになりました。ぜひご参加ください。

 

611_3

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

6・10ソウルでコリア国際平和フォーラムも開催

なお、この前日の6月10日には、全斗煥政権を打倒した87年民衆・労働者抗争30周年に合わせてソウルでも国際シンポ「コリア国際平和フォーラム」が開催されます。政権交代を果たした韓国のひとびとと日本・米国・中国・フィリピン・カナダなどからシンポジストが一堂に会し、朝鮮半島と東アジアの平和のため討論がおこなわれます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2017年1月22日 (日)

3・1朝鮮独立運動98周年 日米韓軍事同盟に反対し韓国民衆に連帯する2・25集会のご案内

チラシ表 「31.pdf」をダウンロード

チラシ裏 「312.pdf」をダウンロード

201731
2017312




2016年9月10日 (土)

東アジアの平和実現9・17集会(ピョンヤン宣言14周年)のご案内

毎年開催している9・17日朝ピョンヤン宣言集会のご案内です。
同宣言14周年の現在、米韓政府が中ロまで射程に入れる新型ミサイルシステム(THAAD)
の来年韓国配備決定をしたことで朝鮮半島は新たな緊張に包まれています。
戦争法と改憲に向かう日本の状況がこれにリンクしています。

こうした中、9月9日の朝鮮の5回目の核実験に対して新たな「制裁」論議が出ていますが、オバマの「戦略的忍耐」という名の軍事的圧力・制裁一辺倒政策こそがこうした事態を生み出しています。次期米政権をも視野に朝鮮半島の休戦状態の終結、平和協定締結への国際世論を起こしていくことが求められているのではないでしょうか。これこそ朝鮮半島の核問題解決への近道でもあります。

東アジアの平和実現めざす9・17集会にぜひ参加・賛同を。

 *チラシはこちらから 表 「2016917omote.pdf」をダウンロード

                裏 「2016917yobikake.pdf」をダウンロード

2016917b_5
2016917a_3
















2016年6月 6日 (月)

6・19沖縄県民大会に呼応し怒りの国会包囲へ!

沖縄で米軍属(元海兵隊員)による凶悪犯罪がまたも繰り返された。6月19日、沖縄では怒りと悲しみの県民大会が開かれる。これに呼応する6・19国会包囲行動が総がかり行動実行委員会と「止めよう!辺野古埋め立て」国会包囲実行委員会の共催で取り組まれる。

多くの皆さんの参加を呼びかけます。

6_19

2016年5月22日 (日)

6・5国会包囲・全国総がかり大行動へ

6・5国会を10万人を超える人々で再び包囲し、全国各地でも統一行動を!

チラシはこちらから http://sogakari.com/?p=1831

6_5 クリックすると拡大します
0605_



2016年4月24日 (日)

平和といのちと人権を!5・3憲法集会に集まろう

クリックすると拡大します

チラシのダウンロードはこちらから http://kenpou2016.jp/poster/

20160503a211
20160503b211

2016年4月 3日 (日)

4~5月総がかり行動予定

*クリックすると拡大します。チラシはこちらから http://sogakari.com/?page_id=67

【4・19国会行動】201604191
【5・3憲法大集会】20160503a21
20160503b21
_201604051



2016年3月11日 (金)

3・19日比谷野音、3・29国会正門前へ-これからの総がかり予定

クリックすると拡大します

チラシはこちらから http://sogakari.com/?p=1626

3191_905x1280

201603291
_201602221

2016年1月11日 (月)

3・1独立運動97周年 2・27戦争法の廃止と朝鮮半島の平和を求める日韓連帯集会のご案内

クリックすると拡大します20160301_220160301b_2ビラはこちらから (表)「2016_31.pdf」をダウンロード 呼びかけ文(裏)「2016_31b.pdf」をダウンロード

**************************************************************

          3・1朝鮮独立運動97周年            
  戦争法の廃止と朝鮮半島の平和を求める2・27日韓連帯集会

**************************************************************

 ■講演 2016年・安倍政権の動向-
             戦争法・憲法改悪などの動きとどう闘うか(仮題)

              高田 健さん(許すな!憲法改悪・市民連絡会事務局長)
 
   【プロフィール】 許すな!憲法改悪・市民連絡会のほか九条の会事務局、
    さよなら原発1000万人アクション、WORLD・PEACE・NOW、安倍教育政策NO!
    ネット、「秘密保護法」廃止へ!実行委、解釈で憲法9条壊すな!実行委、
    戦争させない1000人委員会、総がかり行動実行委などの運動に取り組む。
    この間の戦争法反対運動や改憲阻止の先頭に立ってきたことが評価され、
  昨年末、韓国民主化闘争を代表する1人・故李泳禧(リ・ヨンヒ)氏を記念
  し韓国で創設された第3回「李泳禧賞」を受賞。福島県出身、70歳。

 ■韓国ゲストから
  イ・チャンボクさん(6・15南北共同宣言実践南側本部常任代表議長・元国会議員)
  ハン・チュンモクさん(戦争反対平和実現国民行動共同代表)などが来日します!

  両団体は、韓国の広範な社会団体・市民団体、労働組合・農民団体・女性団体・
  青年学生団体・宗教者団体等を網羅し、南北の平和・統一運動、反戦平和運動
  で中心的役割を担っています。

 ■特別報告 沖縄・辺野古新基地建設反対
                  沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
            日本軍「慰安婦」問題の真の解決を
                  中原道子さん(VAWW RAC共同代表)
-------------------------------------------------------------------------
   ●日時 2月27日(土)午後6時30分開会(6時開場) 資料代 1000円
   ●場所 上野区民館 台東区池之端1-1-12(03-5815-8612) *不忍池の向かい
    (JR・地下鉄「上野」徒歩7分、京成「上野」徒歩5分、地下鉄「湯島」徒歩3分)
-------------------------------------------------------------------------
 主催 2016 3・1集会実行委員会
 呼びかけ 日韓民衆連帯全国ネットワーク(070-6997-2546) 
          ピースボート(03-3363-7561)
        「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)
                                 (03-3818-5903)
        反安保実行委員会(03-3254-5460)
              許すな!憲法改悪・市民連絡会(03-3221-4668)
          在日韓国民主統一連合(03-3862-6881)    *順不同
(郵便送付先 東京都台東区上野3-20-8 小島ビルSBC4-15 日韓ネット気付)

 ★集会への賛同をお願いします。賛同費 団体3千円・個人1千円
  郵便振替口座 00110 8 140618 名義 日韓民衆連帯全国ネットワーク
                    *3・1集会賛同と明記して下さい
***************************************************************************
               【呼びかけ】

  今年の3月1日は、日本の植民地支配からの独立を求め朝鮮半島全土で人びとが立ち上
がった3・1独立運動の97周年を迎えます。私たちにとっては、歴史を直視しながら、朝
鮮半島やアジアの人びととの平和な関係をいかに築くのかを問い直す日でもあります。

  ●朝鮮半島を再び戦場にするな!

 しかし昨年、日本の敗戦70年の節目の年に、安倍政権は広範な人々の反対の声を無視
し「戦争法」を強行成立させ、日本を再び戦争のできる国へと大きく変容させました。
中国・朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の「脅威」をことさら煽り立てながら、米軍とと
もに世界の至る所で戦争に参加することが可能となったのです。

 とりわけ朝鮮半島は、停戦状態のまま60年以上も放置され続け、昨年、米韓連合軍は
ピョンヤン制圧を含む新たな対朝鮮先制攻撃戦略「5015作戦計画」を制定して大規模軍
事演習を繰り返しています。これに戦争法成立後の自衛隊が関わってくることは火を見
るより明らかです。

  昨年来の国会論議では、ホルムズ海峡での機雷掃海に自衛隊を派遣するかが問題にな
ってきましたが、朝鮮半島との関係で、自衛隊の幕僚は「朝鮮有事の際の機雷掃海の米
軍要請をこれまで断ってきたが集団的自衛権容認で可能となった」と露骨に述べていま
す。また中谷防衛相の昨年10月の訪韓の際に開かれた日韓防衛相会談では、「朝鮮半島
有事」の際に自衛隊が朝鮮入りするとき韓国政府の同意が必要か否か―といった対北侵
攻を前提としたやり取りすら行われているのです。

  ●米日韓軍事同盟を優先した日韓政府間「慰安婦」合意

 昨年12月28日の日韓外相会談は、日本軍「慰安婦」問題の合意に至りました。安倍首
相が日本軍の関与を認めお詫びの手紙を出す、韓国政府が設立する基金に10億円を拠出する-などとなっていますが被害当事者抜きのあいまいな内容である上、「最終的かつ
不可逆的解決」として韓国側が問題を蒸し返さないことや日本大使館前の「少女像」撤
去を働きかけるなどの前提条件付きで、問題を真摯に解決しようとするものではありま
せん。

 このような合意を急いだ背景には、同盟国・日韓の対立を自国の戦略にとって不利と
してきた米国の圧力が存在しています。合意後、ケリー米国務長官は、すかさず「今回
の合意が米国の最も重要な2つの同盟国同士の和解を促進し、関係改善に資すると確信
している」との歓迎談話を出しています。

 これにより、米国が求め日韓間の対立で先送りされてきた自衛隊と韓国軍の間の「軍
事情報包括保護協定(GSOMIA)」締結など米日韓軍事協力の動きが加速するでしょう。

  ●戦争法廃止!「制裁」ではなく朝鮮半島の平和協定求める国際世論を!

 私たちは、このような米日韓軍事同盟の危険な動きに強く反対します。こうした中、
1月6日、朝鮮政府は自ら「自衛処置」とする水爆実験を実施しました。朝鮮半島の平和
のために今何よりも求められているのは、「制裁」や軍事的圧力ではなく、一刻も早く
「撃ち方やめ」に過ぎない休戦協定状態を平和協定に転換させることです。これこそが
朝鮮半島の核問題解決への近道でもあるのです。

 昨年、日本民衆は国会包囲をはじめとして全国各地で戦争法に反対する大きなうねり
を作り出してきました。このうねりを戦争法廃止・辺野古新基地建設阻止・安倍政権退
陣へさらに大きなうねりにしていく必要があります。そして歴史を直視し朝鮮半島の人
々、中国やアジアの人々との友好・交流の時代を開いていきましょう。

 2016年3・1集会はこうした趣旨で開かれます。多くの皆様の参加・賛同を呼びかけま
す。

より以前の記事一覧